kyonのセブンレビューとプラスアルファブログ

セブンイレブンで扱っている商品のレビューブログ。たまに他のレビューも。

面倒くさいことが起きたら「〇〇〇〇、面倒くせえ」『解くだけで人生が変わる! 修造ドリル』 松岡修造著

みなさんこんにちは、kyonです。

 

僕は今、派遣とアルバイトを掛け持ちしつつ、自宅と家庭教師で英語を教えています。

 

f:id:kyon-rog:20170501093341p:plain

 

そして!

4月から、生徒が3人増えました

全部口コミからです。

ありがたや。

 

「きっかけ」が動き出した

 

たった1か月の授業で、うれしいことが起きました。

 

生徒が「勉強が楽しくなった」と言ってくれたんです。

その保護者さんからも「勉強が楽しいなんて、この子の口から初めて聞いた」と感謝されました。

 

うれしいことは、他の子でも。

小テストでいつも半分しか点が取れなかった子は、ほぼ満点を取りました。

英語が好きになって、土日も毎日1時間CDを聞いているみたいです。

教材のCDで面白みはないですが爆、自発的に聞いているんだとか。

楽しそうに報告してくれるのが、すごくうれしかったですね。

たった1か月で、ここまで変わりました。

 

本人が努力したから結果が出たんですよね。

楽しくなれば、自発的に勉強しますもん(勉強という表現に違和感がありますが)。

それで結果が出て、また好きになる。

という好循環にうまく乗ってくれれば。

 

僕は、音読もたくさんさせます。

その時に声を出すのが恥ずかしくないよう、BGMで洋楽を流しています。

それがきっかけか、洋楽を聴いてみたいを言ってくれた子も。

 

英語を好きになってもらえれるよう仕掛けてきた「きっかけ」が、うまく動いてくれてうれしいです。

 

学校での「英語の存在」は意外にも大きい

 

英語の苦手意識って、ほかの科目以上に大きいものだと思います。

ほかの科目や、ひいては自己肯定感にも影響を与えるものだと強く感じています。

 

「学校英語」にとらわれて元気をなくす子供たちが多すぎる。

「正しさ」だけを求めた教育で、間違いを極端に恐れてるようになってしまう。

そして話せない。

自信をなくす。

なんて悪い方向にいきやすいのです。

 

教え子たちには、無限の可能性があるのに。

 

英語をきっかけに

 

将来、自分の英語教室が開くのが夢です。

自宅ではなく、テナントを借りて。

 

今は、

自分の指導経験値をあげる

合格実績をつくる

口コミを生む

ということを目的にしている準備期間なのです。

 

正確に言うと、「開くのが夢」ではないですね。

 

英語を楽しんでもらいたい。

英語をきっかけにして、自分に自信を持ってもらいたい。

教え子がいろんな方面で活躍してくれることが、夢なんです。

 

 そこで思いました。

 

僕は人を応援するのが好きなんだ、と。

 

f:id:kyon-rog:20170501092349p:plain

 

【スポンサーリンク】
 

 

その時、ある人が思い浮かびました。

人を応援すると言えば、あの人・・・ 

 

そう!

 

松岡修造さんです。

 

熱い男で有名ですよね。

一説には、地球温暖化の原因とも笑。

 

応援も熱い。

全力で前向きで、時には大声で叱りながら。

それは、本人と真剣に向かい合っているから。

 

彼のエネルギーはどこから来ているのでしょう。

なぜあんなに全力になれるのでしょう。

 

もっともっと修造さんの生き方・考え方を学びたい!

ということで、彼の本を読んでみました。

 

解くだけで人生が変わる! 修造ドリル

 

この本は、ドリル形式になっています。

楽しく問題を解き進めていくうちに、修造さんの熱いスピリットが学べれるようになっています。

 

不安を抱えている

イライラしている

本気になれない

楽しいことがない

他人がうらやましい・・・

 

そんな状況を打破したい方は、このドリルをすすめます!

本誌カバー裏コメントより

 

食べ物を口に入れたら〇を閉じる

「調子が悪い」を〇にしない 

 

といった簡単な問題から、空欄が長いものまで。

 

日本一「熱い男」松岡修造は、一体どんな思考で生きているのでしょうか。

 

面倒なことが起きたら・・・

 

人生、好きなことだけして生きていけたらいいのに。

でも、世の中そんなに甘くありません。

やりたくないこと、面倒くさいことも処理していかなくてはなりません。

 

そんなとき、どうとらえるか。

 

「〇〇〇〇、面倒くせえ」

 

 

正解は、

 

よっしゃ、面倒くせえ」

 

でした。

 

一見ネガティブなことが起きても、そこにはプラス要素も隠されている。

それをやり遂げるだけで、確実に自分の力になる

 

という、お話。

 

これだけ書くと薄っぺらいので、それはそれで置いといきます(え!?笑)。

 

考えてみると日々の生活って、好きなこと・やりたいことより面倒なこと・やりたくないことの方が多いですよね。

そんな時、「よっしゃ」と思ったり声に出せば、それだけで気持ちが軽くなると思いませんか。

半分は脳が楽しいことと騙されるし、半分は腹をくくるというか。

 

この考えに出会えただけで、僕はこの本を読んで良かったなと思いました。

 

他にも、ストレス社会を生き抜いていくヒントがたくさん載っています。

 

●イライラしたら半径1メートルにマイ〇〇〇〇

●怒りは誰かに〇〇と楽になる

●ストレスを〇〇化する

●呼吸法で嫌なことを〇〇に変える

 

などなど。

 

マイ〇〇〇〇、いいですね~。

僕もこれからイライラしたらこれやろうっと笑。

 

というか、一番驚いたのは修造さんの生き方。

 

こんなに熱い男でも、日々ストレスと戦っているんだぁって笑。

当たり前か、人間だもの笑。

 

「おいしい」で〇〇〇にしない

 

このブログは、セブンイレブンの商品を食べてレビューしているのをメインにしています。

なにで、個人的に一番グサッと来たのはコレ。

 

「おいしい」で〇〇〇にしない

 

何でしょうか。

 

正解は

 

「おいしい」で終わりにしない

 

です。

「おいしい」で表現してしまうと、そこで終わり。

それ以上広がらない。

感じたことを表現しよう、というお話。

 

う~ん、耳が痛い笑。

 語彙力と思考力がない僕は、どうしても「おいしい」に逃げてしまいますね~。

これからも「おいしい」をどんどん使っていくでしょう笑。

 

まだまだ修行が足りません!

出直します!

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ

 

応援に関しては、直接得るものはなかったです(ひどい言いよう汗)。

彼の本をすでに読んだことがある人は、わざわざこの本を読む必要はないかもしれません。

 

しかし、答えを想像しながら読みすすめていくのは、楽しかったです。

楽しみながら、熱い人考え方生き方が学べたのが良かったです。

 

思わずクスッとするような問題もありますので、楽しみながら解いてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございまた。